サーブの確立!? の解説

僕のバックハンドスライスは安定感にかけるという欠点があります。
スライスなのに安定感がない(笑)
逃げに使うにしても一発を防ぐ防御に使うにしても安定感がないため非常に頼りにくい…
そんなバックハンドスライスをとにかく相手のコートに返すために安定させるための練習をしてきました!
今回参考にしたテニスのいなちんさんのチャンネルは↓コチラから

https://www.youtube.com/channel/UCw4bOB61Sq9x83vsHkSYpqg

とにかく確率を重視。自分の飛ばしたい方向に、相手のコートにしっかりと返すことを重要視します!
特にオフセンターショットになってしまって相手コートにしっかり返すことができない、その感じを何とかしたい!
テニスのいなちんさんの動画をもとにある程度のクオリティを保ちつつ安定したストロークとして使えるバックスライスを練習してきました!
練習の動画はコチラ ↓ ↓ ↓

https://youtu.be/9baH9rlsIhw

この動画を気に入っていただけた方は↑よりチャンネル登録をお願いします!

どう当てるか、どう当たっているかをコントロールする!

今回の参考にした動画から特に僕が意識したのは以下の点です!
1.振り下ろす、肘を伸ばすまでを鋭くする
2.インパクト後の肩のの動作の」フォロースルーをゆっくりにする

まず2:25~とにかく鋭くスイングして強い・鋭いバックハンドスライスを打ってみます。
とにかく鋭くスイングしてボールに対して当てることでそのように当たればいいボールになるのか、を感覚的に覚えこませます。
実際鋭く当てることで攻撃的な伸びるバックハンドスライスを打つことができ相手にとっては脅威になるボールであるのは間違いないと思います。
ただ、ガシャる、ネットに突き刺さる、飛びすぎてオーバーアウトするなど確率は非常に低く、一番は打っている本人がどこに飛ぶのかわからない、コントロールできていないという点が大問題だと思いました。
この当て方の感覚にできるだけ近い形で当てて安定させるために、4:11からは上記2点を意識して「インパクトまでを」その鋭さでスイング、そこから先をゆったりとする感触で打ってみました。
正直テニスのいなちんさんの言う「肘を伸ばす」の感覚がよくわからなく、意識して肘を伸ばしてインパクトに向かっている感じが自分にはなく、意識的にこれをやってみるとスイングがバラバラになりスライスで当てるどころか「鋭さ」がなくなってしまい、まったくスイングができなくなってしまっていました。
この点についてはあまり意識しないようにしてもなんとなく肘が伸びている感じが動画で見えたのであまり意識することなくとにかくテイクバックからインパクトまでの部分を鋭くを意識。その後をゆったりにするという感触で振ってみます。
この感じで打っていると明らかにインパクトが安定し、打点が確率されて相手コートに返るスライスを打つことができました。
割とインパクトまでにスイングの鋭さがあればボールの質も高く保つことができ、後をゆったりといすることで余裕があるのかインパクトが安定する感触があります。
クオリティと確率を維持することができる練習でした!

高い打点のバックハンドスライスを打てる!

今回一番驚いたのはこの高い打点のバックハンドの打ちやすさです!
高い打点打点のバックハンドを打つコツをいなちんさんが動画で教えてくれ「高い打点のバックハンドスライスは下から上に振ろうとしても振れない、スイングを鋭くできないため、スイングを内側から外側へ、と意識することでスイングを鋭くすることができる」という点、
これは高い打点のバックハンドを強く改善することができました!
確かに上から下には高い打点では振りぬけずなんとなく「当てるだけ」のバックスライスになっていたのですがこれによってかなり「鋭い当たり」を実現することができ、ボールの飛びが明らかによくなり、相手コートに確率高く打つことができました!
まだコントロールはうまくできていませんが確率が高くなったことによりよりコントロールしやすくなっているのは感じます!
感覚をものにしてコントロールしていけるようにしていきたいと思うショットでした!

全体を通して

振りぬきがよければ鋭く強いスライスになるのことを感覚的に理解したうえでそのあたりを維持しつつコントロール感をよくしていくことができました。
とくに高い打点のバックスライス。すこしライジング気味で相手のタイミングをズラすなど非常に使い勝手の良いショットだと思うのでこれは重点的に練習していきたいと思います!

すぐにできたこと

・確率をよくする
・高い打点のバックハンドスライスを打つ

時間がかかると思ったこと

・確率をもっとよくする
・コントロールして打ち分ける

今回の練習でもかなり「できること」が増えそうな感じ。
この感覚を生かしてバックハンドスライスを安定して試合でも使っていけるようにしたいと思います!

テニスのいなちんさん、ありがとうございました!